文春オンラインにエヴァの記事を2本書いたでござるよ

どちらも自分として書きたいことが書けた記事なので、もしよければ読んでみてくだされ bunshun.jp bunshun.jp

『週刊文春CINEMA!』に映画コラムを書かせて頂きました

あまり光栄なので『ほんとに載るのか?』と発売まで黙っていましたが、『シン・エヴァンゲリオン』のこと、『花束みたいな恋をした』の批評に感じた違和感、『あのこは貴族』や『名探偵コナン』のこと、色々書きました。東京では映画館が閉鎖になってしまい…

『定点観測』2020後半に執筆しました

「コロナ禍の日本社会を定点観測する」シリーズの2冊目『定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年後半』(論創社)に、前号に続いて参加させていただきました!3月12日発売です。Amazonでも買えます!他の執筆者の方がとにかく豪華なので是非読んで…

映画『ミッドナイトスワン』作品としての評価と、作品への倫理的な批判に対して思うこと

[ネタバレあり]草彅剛主演『ミッドナイトスワン』見てきました。誰もが認めるであろうことを最初に言うと、俳優陣がまず圧倒的に素晴らしい。僕も過去に何度か書いてきた草彅剛のズバ抜けた演技力は今作でも発揮されているし、クラシックバレエで輝かしい成…

論創社『定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半』に参加させて頂きました

執筆者の中に1人だけ浮いてる人がいます このたび論創社から9月18日に刊行される『定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半』 (論創ノンフィクション 005) に参加させて頂きました。 // リンク 斎藤 環「『医療』に何が起こったか」 雨宮処凛…

『劇場』を「沙希の自立の物語」に読み替えた松岡茉優のシュートと、山﨑賢人のアシスト

松岡茉優の挑戦をアシストしたのは山﨑賢人の衛星的演技だと思う デジタルフライデー様で映画『劇場』について書かせていただきました。 friday.kodansha.co.jp 「原作と読み比べた差異で初めて見えてくる映画版の意図がある」ということは色んな場面であっ…

劇団ノーミーツ『むこうのくに』「必要は文化の母」誰も演劇ができない状況下に「誰にでもできる演劇」の胎動

ZOOM演劇という新しい形式だからこそ王道のジュブナイルSF 最近、と言っても去年だけどnoteはじめまして、前半そっちで書きました。これはその続き。よかったらそっちも読んで見てください note.com noteにも書きましたけど、これとてもよかった。ZOOM演劇と…